ドコモ、対話ロボットに独自の会話を追加可能な法人向けサービス

NTTドコモは30日より、ロボットや玩具に搭載する「自然対話プラットフォーム」に独自のシナリオ(会話のやりとり)を追加できるサービス「おしゃべりロボット for Biz」を、法人向けに提供します。シナリオやアプリのカスタマイズを含んだ初期費用は50万円で、ロボット・玩具1台につき月額利用料として別途3万5000円(いずれも税別)がかかるとのことです。「おしゃべりロボット for Biz」は、ドコモの対話型エージェント「しゃべってコンシェル」の技術を応用した「自然対話プラットフォーム」に、法人がオリジナルの話題をロボットや玩具に追加できるサービスです。商品の説明や受付業務のサポートなど、さまざまなシーンで活用可能として、最短1週間で導入できるとのことです。本サービスは、自然対話プラットフォームに対応したロボット・玩具のほか、対話する利用者はスマートフォンが必要となります。5月27日の時点で本サービスに対応しているロボットは、NTTドコモとタカラトミーで共同開発した対話ロボット「OHaNAS」です。今後は「自然対話プラットフォーム」に対応するロボットや玩具を増やす予定だということです。なお、カスタムできる1シナリオあたりの内容は会話のやりとり2往復までで、追加・変更・削除できるシナリオの数は毎月5つを上限としているとのことです。

Leave a Reply