phone booth http://www.phonebookofzanzibar.com Sat, 29 Oct 2022 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 圧倒的な処理性能を持つスマホ「Apple iPhone 12 Pro」 http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/10/30/bookmarks-of-20221030/ http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/10/30/bookmarks-of-20221030/#comments Sat, 29 Oct 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phonebookofzanzibarcom/2022/10/30/bookmarks-of-20221030/ “中華スマホで売れ筋のスマートフォンというと、「Huawei、Xiaomi、OPPO」などが有名です。これらのスマートフォンは、安いだけでなく処理性能もすぐれる・・・と言われているのですが、近年では、これらのスマートフォンと比較してもApple iPhone 12 Proのほうがよいという意見が増えてきました。
そもそも、近年になって中華スマホなどにシェアを奪われることが増えているだけで、実は、世界的なシェアのトップは今でもAppleのiPhoneシリーズなのです。ですが、iPhoneシリーズは「スペック(特にバッテリー容量、CPU性能)がわかりにくい」と不評だったため、今では、中華スマホのほうを選ぶ人が一定量となりました。
そのような状況が続いていたのがつい最近までで・・・、今では、Apple iPhone 12 Proもスペックをわかりやすく案内するようになってきたため、Apple iPhone 12 Proの購入を決意する人が増えてきたのです。
Apple iPhone 12 Proは、「5G対応モデルでiPhoneシリーズ最新機種」に分類されます。今までのApple iPhoneシリーズは価格も高かったのですが、今では、コストパフォーマンスが高いスマートフォンとして選ばれるようなモデルを出しているため、世界的にもApple iPhone 12 Proの評価がぐんぐんと上昇しているのです。
Apple iPhone 12 Proは非常にパワフルなモデルで、iPhoneシリーズと比較しても、「高速通信が可能な5Gに対応、対応エリア内で低遅延通信が出来る、プロセッサーは最新のA14 Bonicを搭載、アプリやゲームをスムーズに処理できるため機能面も優秀」という評価を得ています。
しかもApple iPhone 12 Proは、「レンズが3種類(広角・超広角・望遠レンズ)、カメラはナイトモードに対応」となっているため、ただキレイな映像を残せるだけでなく、夜間撮影であってもプロのように夜間に配慮した設定でキレイな映像を残せる仕様になっています。そもそもiPhoneシリーズは、これらのようなスマートフォンのサポートによってプロ並みの動作を見せるのが売りであったため、Apple iPhone 12 Proについても今のような人気を誇るようになりました。
Apple iPhone 12 Proの詳細スペックですが、「ディスプレイサイズが6.1インチ、ストレージ容量は128GB(256GB・512GB ※ microSD非対応)、RAMは非公開、カメラ性能はメインカメラ:1,200万画素、インカメラ:1,200万画素、バッテリー容量は非公開」となっています。ですが、ユーザーレビューを参考にすると、有名なアプリの動作で支障がなく、バッテリー容量についても1日ほど持つため、過去のiPhoneシリーズよりもかなりスペックが向上しています。
しかもApple iPhone 12 Proは、「おサイフケータイ機能あり、防水防塵機能にすぐれる(IP68のため水深6mで最大30分間の耐久性)、認証システムに生体認証と顔認証、5G対応、重量が軽い」というメリットがあるのです。このような機能面も優秀なスマートフォンは少ないため、これからもApple iPhone 12 Proの人気は続くと予想されています。”

]]>
http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/10/30/bookmarks-of-20221030/feed/ 0
国産スマホとは思えない価格設定の「SHARP AQUOS sense5G」 http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/10/13/bookmarks-of-20221013-2/ http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/10/13/bookmarks-of-20221013-2/#comments Wed, 12 Oct 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phonebookofzanzibarcom/2022/10/13/bookmarks-of-20221013-2/ “スマートフォンは海外のスマートフォンより国産のスマートフォンのほうが気に入っている場合で、これからよりスペックのよいスマートフォンに買い替えたい場合、主な選択肢としてあがるのが「SHARP AQUOS sense5G」です。
SHARP AQUOS sense5Gは国産のスマートフォンにしては珍しく、「本体価格が2万円を切るスマートフォン」なのです。今までスマートフォンの買い替えをされていないユーザーの場合、これだけ安いとスマートフォンとしての性能が低い・・・と思ってしまう人もおられますが、今では、国内外のスマートフォンでシェアの争奪戦が繰り広げられているため、このような夢のような価格設定で優秀なスマートフォンが出回るようになりました。
ちなみに、国産のスマートフォンよりも海外のスマートフォンのほうが「1万円ほど安い」ケースが目立つため、コストパフォーマンスが高いスマートフォンに妥協したくない人であれば、国産のスマートフォンよりも海外のスマートフォンを選択したほうが無難です。
SHARP AQUOS sense5Gの詳細スペックですが、「サイズが約148mm×71mm×8.4mm、重量は約178g、ディスプレイサイズは約5.8インチ(FHD+)、カメラはメイン:約1,200万画素+約1,200万画素+約800万画素、サブ:約800万画素」となります。近年では、ワイドディスプレイのスマートフォンが増えているため、それにともなってスマートフォンの重量が200~270gとかなり重たくなってきました。しかしSHARP AQUOS sense5Gは、今では求められることが増えてきたスマートなディスプレイを採用しているスマートフォンのため、ディスプレイサイズが手にフィットしやすいモデルを探している場合、中々SHARP AQUOS sense5G以上のものは見つからない可能性があります。
SHARP AQUOS sense5Gの処理性能ですが、「バッテリー容量が4,570mAh、CPUはSnapdragon 690 5G Mobile Platform 2.0GHz/2コア+1.7GHz/6コア、ストレージ容量は64GB」です。海外のスマートフォンと比較するとわかりますが、なにげにSHARP AQUOS sense5Gは海外のスマートフォンよりも性能がよいことが証明されています。なので、コストパフォーマンスが高いスマートフォンだけでなく、性能面でもゲーミングスマホのような高負荷に耐えられるモデルが欲しい場合も、SHARP AQUOS sense5Gを選択されて問題ありません。
最後に、SHARP AQUOS sense5Gの特徴を簡単にまとめてみました。SHARP AQUOS sense5Gは、「5G対応モデル、大容量バッテリー搭載モデル、IGZOディスプレイ採用で省エネ、高性能CPU搭載、ほかのスマートフォンよりもスリム、2画面分割が可能、防水防塵機能あり、おサイフケータイ機能あり、テザリング機能あり、イヤホンジャックあり、顔・指紋の認証システム搭載」のモデルとなります。
ただしSHARP AQUOS sense5Gは、2万円を切る価格で購入できるオンラインショップもあれば、2万円を切ることがないケースもあるので注意してください。そのほかの注意点として、今ではSHARP AQUOS sense5Gは大人気となっているので、早めに購入されないと「在庫切れ」になる可能性があります。今では、世界中でスマートフォンなどに利用される半導体不足におちいっているため、一旦在庫切れを起こしてしまうと・・・、いつこちらの問題が緩和されるか不透明です。”

]]>
http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/10/13/bookmarks-of-20221013-2/feed/ 0
国産スマホとは思えない価格設定の「SHARP AQUOS sense5G」 http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/10/13/bookmarks-of-20221013/ http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/10/13/bookmarks-of-20221013/#comments Wed, 12 Oct 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phonebookofzanzibarcom/2022/10/13/bookmarks-of-20221013/ “スマートフォンは海外のスマートフォンより国産のスマートフォンのほうが気に入っている場合で、これからよりスペックのよいスマートフォンに買い替えたい場合、主な選択肢としてあがるのが「SHARP AQUOS sense5G」です。
SHARP AQUOS sense5Gは国産のスマートフォンにしては珍しく、「本体価格が2万円を切るスマートフォン」なのです。今までスマートフォンの買い替えをされていないユーザーの場合、これだけ安いとスマートフォンとしての性能が低い・・・と思ってしまう人もおられますが、今では、国内外のスマートフォンでシェアの争奪戦が繰り広げられているため、このような夢のような価格設定で優秀なスマートフォンが出回るようになりました。
ちなみに、国産のスマートフォンよりも海外のスマートフォンのほうが「1万円ほど安い」ケースが目立つため、コストパフォーマンスが高いスマートフォンに妥協したくない人であれば、国産のスマートフォンよりも海外のスマートフォンを選択したほうが無難です。
SHARP AQUOS sense5Gの詳細スペックですが、「サイズが約148mm×71mm×8.4mm、重量は約178g、ディスプレイサイズは約5.8インチ(FHD+)、カメラはメイン:約1,200万画素+約1,200万画素+約800万画素、サブ:約800万画素」となります。近年では、ワイドディスプレイのスマートフォンが増えているため、それにともなってスマートフォンの重量が200~270gとかなり重たくなってきました。しかしSHARP AQUOS sense5Gは、今では求められることが増えてきたスマートなディスプレイを採用しているスマートフォンのため、ディスプレイサイズが手にフィットしやすいモデルを探している場合、中々SHARP AQUOS sense5G以上のものは見つからない可能性があります。
SHARP AQUOS sense5Gの処理性能ですが、「バッテリー容量が4,570mAh、CPUはSnapdragon 690 5G Mobile Platform 2.0GHz/2コア+1.7GHz/6コア、ストレージ容量は64GB」です。海外のスマートフォンと比較するとわかりますが、なにげにSHARP AQUOS sense5Gは海外のスマートフォンよりも性能がよいことが証明されています。なので、コストパフォーマンスが高いスマートフォンだけでなく、性能面でもゲーミングスマホのような高負荷に耐えられるモデルが欲しい場合も、SHARP AQUOS sense5Gを選択されて問題ありません。
最後に、SHARP AQUOS sense5Gの特徴を簡単にまとめてみました。SHARP AQUOS sense5Gは、「5G対応モデル、大容量バッテリー搭載モデル、IGZOディスプレイ採用で省エネ、高性能CPU搭載、ほかのスマートフォンよりもスリム、2画面分割が可能、防水防塵機能あり、おサイフケータイ機能あり、テザリング機能あり、イヤホンジャックあり、顔・指紋の認証システム搭載」のモデルとなります。
ただしSHARP AQUOS sense5Gは、2万円を切る価格で購入できるオンラインショップもあれば、2万円を切ることがないケースもあるので注意してください。そのほかの注意点として、今ではSHARP AQUOS sense5Gは大人気となっているので、早めに購入されないと「在庫切れ」になる可能性があります。今では、世界中でスマートフォンなどに利用される半導体不足におちいっているため、一旦在庫切れを起こしてしまうと・・・、いつこちらの問題が緩和されるか不透明です。”

]]>
http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/10/13/bookmarks-of-20221013/feed/ 0
iPhone SE(第3世代)がおすすめな人とは? http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/08/17/bookmarks-of-20220817/ http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/08/17/bookmarks-of-20220817/#comments Tue, 16 Aug 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phonebookofzanzibarcom/2022/08/17/bookmarks-of-20220817/ “2022年3月18日「iPhone SE(第3世代)」が発売されました。そこで今回はiPhone SE(第3世代)の特徴などを詳しくまとめてみましょう。iPhone SE(第3世代)の実際の使い勝手や性能、本当に購入するべきモデルなのかなどを解説していきます。
【最安値のiPhone SE(第3世代)が登場】
今回発売となったiPhone SE(第3世代)は、iPhoneシリーズの中で最安値かつ、新型コロナ禍でも便利な指紋認証センサー(touchID)を搭載しているモデルになります。iPhone SE(第2世代)の後継モデルとなるiPhone SE(第3世代)は、2014年iPhone6から続く4.7型液晶ディスプレイを搭載しています。サイズは幅67.3㎜×高さ138.4㎜×奥行き7.3㎜となっておおり、重量は144gです。第2世代と比べると4g軽くなっています。
【iPhone SE(第3世代)の新機能・価格は?】
iPhone SE(第3世代)の新機能としては5Gに対応しており、ハイエンドSoC「A15 Bionic」を搭載しており、処理性能をより強化しています。また以前に比べてバッテリーの持ちが向上したそう。その他の機能としては、iPhone8とほぼ変わりません。
iPhoneの価格は以下の通りです(AppleStoreの場合)
・64GB:57,800円
・128GB:63,800円
・256GB:76,800円
全世代のiPhone SE(第2世代)と比べると8,000円高くなっています。
【iPhone SE(第3世代)のカラーバリエーションは?】
iPhone SE(第3世代)のカラーは黒系のミッドナイト、白系のスターライト、レッド系のレッドの3種類です。レッドは購入金額の一部がAIDS対策や新型コロナウイルス対策支援に使われる種類となっています。3色とも、前機種のシンプルなブラック、ホワイト、レッドと比べるとやや深みがある色に代わっています。
【iPhone SE(第3世代)の基本機能とは?】
iPhone SE(第3世代)の基本機能は、ホームボタンに指紋認証センサーを搭載しており、底面にはLightning端子を搭載しています。付属のLightning – USBケーブルと、市販のUSB PD対応充電器を使った急速充電にも対応。イヤフォン端子はないものの、ステレオスピーカーを内蔵していて、防水・防塵性能はIP67等級です。
背面部分はSuicaやマイナンバーカードにも対応しているNFC/FeliCaと、Qi対応ワイヤレス充電器の受電部を搭載しています。カメラの画素は背面カメラで1200万画素、インカメラで700万画素です。
【iPhone SE(第3世代)はどんな人におすすめ?】
iPhone SE(第3世代)はAppleStoreで購入する場合、先代と比べて6万円前後とやや価格が高くなっているものの、高価格帯のスマホに比べると処理性能や機能の面を考えても非常にコスパのよい使いやすいモデルと言えるでしょう。
iPhoneでスマホデビューをしたい人、安い価格でiPhoneに機種変更をしたい人などにおすすめです。LINEやインスタグラムなどのSNSはもちろんのこと、最新の高画質ゲームアプリでも快適に動作するでしょう。スマホ初心者からスマホに慣れた人まで、幅広い方に使いやすい機種と言えます。
実際ドコモ、au、ソフトバンクなどの形態キャリアとしても待望の5G対応の低価格iPhoneになるのでiPhone SE(第3世代)を積極的に販売しています。iPhone SE(第3世代)の価格については家電量販店やキャリア店によって価格に差が大きいので、お得に購入したい!と言う人は、iPhone SE(第3世代)の取扱い店をいくつかチェックして、価格を比較する必要があるでしょう。”

]]>
http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/08/17/bookmarks-of-20220817/feed/ 0
5G対応スマホの「Lenovo Legion Y90」とは? http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/06/16/bookmarks-of-20220616/ http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/06/16/bookmarks-of-20220616/#comments Wed, 15 Jun 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phonebookofzanzibarcom/2022/06/16/bookmarks-of-20220616/ “5G回線は4G回線の約100倍になるとも言われていますので、5Gに対応しているスマートフォンなら気になる高画質動画や映画なども気持ちよく楽しめると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンはローエンドクラスからハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「Lenovo Legion Y90」という5Gスマホがあり、どんな時間帯でも鮮明で美しい写真が撮影できる高性能カメラや色鮮やかで発色が良くてバッテリー消費が少ない高精細大型ディスプレイ、いつでもどこでも安心して使用できる大容量バッテリーや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM12GB/256GBモデルが約79000円でRAM16GB/256GBモデルが約84000円でRAM18GB/640GBモデルが約97000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約78ミリ、高さ約177ミリ、厚さ約10.1ミリ、重さ約252gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグレーが用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応して解像度FHD+ 2460×1080でアスペクト比20.5:9の約6.92インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは68Wの急速充電に対応している5600mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 8 Gen1 SM8450 3.0GHオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GBモデルと16GBモデルと18GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約1600万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(ZUI13)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで冷却システムやデュアルステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/06/16/bookmarks-of-20220616/feed/ 0
リーズナブルを具現化したようなスマホ「SHARP AQUOS sense5G」 http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/04/21/bookmarks-of-20220421/ http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/04/21/bookmarks-of-20220421/#comments Wed, 20 Apr 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phonebookofzanzibarcom/2022/04/21/bookmarks-of-20220421/ “昔に比べて、今では「エントリーモデル」といわれているスマートフォンの人気が上がってきました。そんなエントリーモデルの人気をけん引しているモデルが、「SHARP AQUOS sense5G」といわれています。
そもそもエントリーモデルとはなんなのか・・・というと、それは、「必要最低限の機能をもつスマートフォン(モデル)」のことです。たとえば、現代のスマートフォンであればeスポーツを楽しめる、高画質な動画コンテンツをサクサク見ることができる・・・、このようなキャッチコピーを用いて売られているスマートフォンがほとんどとなりました。しかしSHARP AQUOS sense5Gのようなエントリーモデルは、これらの機能についても最低限持たせているだけです。
どうしてこのような少し不便を感じるモデルがあるのかというと、それは平均的なスペックを誇る「ミドルレンジモデル」、フラッグシップモデルに該当する「ハイエンドモデル」との差別化を図る目的で存在しています。
ミドルレンジモデルは、平均的なスペック、価格となっているため、平均以上のスペックをもつスマートフォンが欲しい人の場合、基本的にエントリーモデルを購入することはない・・・ということです。しかし最近では、「スマートフォン全体のスペックが上がっている」状況で、これはSHARP AQUOS sense5Gのようなエントリーモデルも該当するようになりました。
これについては実際に、SHARP AQUOS sense5Gのスペック表を確認するとよくわかります。
SHARP AQUOS sense5Gのスペックですが、「CPUがQualcomm® Snapdragon™ 690 5G Mobile Platform 2.0GHz/2+1.7GHz/6、RAM(メモリ)は4GB、ROM(ストレージ)は64GB」です。すでにハイエンドモデルのスペックを知っていると、ハイエンドモデルの半分ほどのスペックしかない・・・と思ってしまいますが、このような数値をマークしているスマートフォンは、そのほとんどがミドルレンジモデルなのです。
・・・つまり、現在のエントリーモデルは価格が安く「ミドルレンジモデルに近づいている」と評価することができます。なので、SHARP AQUOS sense5Gのようなハイスペックなエントリーモデルが売れるようになってきました。
ちなみにSHARP AQUOS sense5Gと主なミドルレンジモデルとの価格差ですが、安いものであれば1万円ほど、高いものになると3万円をゆうに超えることもあるので、その差は歴然と言えるのかもしれません。
SHARP AQUOS sense5Gの場合、「バッテリー容量が4,570mAh、防水・防塵性能ありで防水機能:IPX5/8、防塵機能:IP6X、生体認証ありで指紋・顔に対応しているモデル」であるにもかかわらず、「docomoでは28,600円、スマホおかえしプログラム適用時は17,600円」という、コストパフォーマンスが高い一面まであります。
購入してから後悔したくない、そもそもスマートフォンに多くの機能を求めていない人であれば、SHARP AQUOS sense5Gに満足できるかと存じます。”

]]>
http://www.phonebookofzanzibar.com/2022/04/21/bookmarks-of-20220421/feed/ 0
5G対応スマホの「ZTE S30 SE」とは? http://www.phonebookofzanzibar.com/2021/07/24/bookmarks-of-20210724/ http://www.phonebookofzanzibar.com/2021/07/24/bookmarks-of-20210724/#comments Fri, 23 Jul 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phonebookofzanzibarcom/2021/07/24/bookmarks-of-20210724/ “5Gスマートフォンは4Gスマホよりも動作が高速になりましたので、大きなデータでもスムーズに通信することができます。
その5Gに対応しているスマートフォンにはローエンドクラスからハイスペッククラスまで数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「ZTE S30 SE」という5Gスマホがあり、不自然には見えない範囲で映える写真を撮れる高性能カメラや長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリー、より広い画面で動画視聴を楽しむこともできる高精細大型ディスプレイや大部分のゲームもストレスなしでプレイできる高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約29000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約9.6ミリ、重さ約178gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している6000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+マクロ撮影ができる約500万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、スローモーション撮影、ポートレートモード、光学式手ぶれ補正、パノラマモード、ビューティーモード、スーパーナイトモード、HDR、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MyOS 11)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャック、冷却システムや防水機能がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.phonebookofzanzibar.com/2021/07/24/bookmarks-of-20210724/feed/ 0
5G対応スマホの「Samsung Galaxy A52 5G」とは? http://www.phonebookofzanzibar.com/2021/07/23/bookmarks-of-20210723/ http://www.phonebookofzanzibar.com/2021/07/23/bookmarks-of-20210723/#comments Thu, 22 Jul 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phonebookofzanzibarcom/2021/07/23/bookmarks-of-20210723/ “5Gは容量の重たいデータもスムーズに通信することができますので、プライベートだけではなくビジネスでのウェブ会議なども快適に行うことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには低価格のものから高価格なものまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「Samsung Galaxy A52 5G」という5Gスマホがあり、薄暗い場所でもノイズが少なくクリアな写真を撮影できる高性能カメラや安心して使用できる大容量バッテリー、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUや迫力ある映像で楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約56000円でRAM8GB/256GBモデルが約64000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約189gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、バイオレット、ホワイト、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2400×1080の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは25Wの急速充電やワイヤレス充電、ワイヤレス給電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 750G SM7225 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1200万画素+マクロ撮影ができる約500万画素+深度レンズがついた約500万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(One UI 3.1)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”TOKYOオリンピックいよいよ今日からです。東京2020オリンピック 公式パートナー

]]>
http://www.phonebookofzanzibar.com/2021/07/23/bookmarks-of-20210723/feed/ 0
5G対応スマホの「realme X7 5G」とは? http://www.phonebookofzanzibar.com/2021/05/18/bookmarks-of-20210518/ http://www.phonebookofzanzibar.com/2021/05/18/bookmarks-of-20210518/#comments Mon, 17 May 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phonebookofzanzibarcom/2021/05/18/bookmarks-of-20210518/ “4Gから5Gに変わることでデータなどのダウンロードが速くなりますし、リアルタイムの操作が行えますので自動運転や遠隔診療などでも活用されると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くのメーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「realme X7 5G」という5Gスマホがあり、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUや旅行でも安心して使用できる大容量バッテリー、大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイや思い通りの写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。価格はRAM6GB/128GBモデルが約29000円でRAM8GB/128GBモデルが約32000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約176gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは50Wの急速充電に対応している4310mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 800U 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.5の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、電子式手ぶれ補正、デュアルトーンLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、スローモーション撮影、ポートレートモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(realme UI)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”docomo

]]>
http://www.phonebookofzanzibar.com/2021/05/18/bookmarks-of-20210518/feed/ 0
5G対応スマホの「vivo iQOO Z1」とは? http://www.phonebookofzanzibar.com/2021/03/28/bookmarks-of-20210328/ http://www.phonebookofzanzibar.com/2021/03/28/bookmarks-of-20210328/#comments Sat, 27 Mar 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phonebookofzanzibarcom/2021/03/28/bookmarks-of-20210328/ “4Gスマホでのデータ通信では動画視聴が途中でストップしてイライラすることもありますし、ダウンロードやストリーミングが遅くて嫌になってしまうこともあります。
しかし、5Gに対応しているスマートフォンなら安定した高速通信で快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo iQOO Z1」という5Gスマホがあり、薄暗いところでも見やすい高精細大型ディスプレイやいつでもどこでも残量を気にせず楽しめる大容量バッテリー、快適に楽しめる高性能CPUや誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBが約34000円でRAM8GB/128GBが約38000円でRAM8GB/256GBが約43000円です。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約194gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはパープル、スカイブルー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応して解像度2408×1080でアスペクト比20:9の約6.57インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは44Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 1000 Plus 2.6GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(iQOO UI)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで冷却システムやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.phonebookofzanzibar.com/2021/03/28/bookmarks-of-20210328/feed/ 0