Archive for 5月, 2019

Written by: adminDIGNO(ディグノ)とは?

DIGNO(ディグノ)とは、京セラが日本国内向けに展開しているandroidスマートフォンやガラケーのブランドです。特徴としては、バッテリーの持ちを長持ちさせるために様々な機能を備えている点にあります。例えば、「省電力ナビ」という機能を搭載しています。バッテリーの長持ちモードをオンにするだけで、バッテリーのもちがおよそ10%アップするという便利な機能で、少しでも消費電力を抑えるための工夫です。「ディグノS」や「ISW11K」は、こうした機能がついているのでバッテリーを少しでも賢く使って節約したい方におすすめです。また「オート通信制御機能」が搭載されているので、一週間以上つかっていないアプリのバックグランド通信を自動で停止してくれる点もとても便利です。余計な電力を使いたくない方、必要最低限で済ませたい方にディグノのandroidスマホはおすすめです。京セラが誇るディグノのスマホを是非、検討してみてはいかがでしょうか?

Written by: adminプロのような撮影も可能「Mate 10 Pro」

“今では良く注目されることになったAIですが、Mate 10 Proは、「新世代AIスマホ」として評価されているスマートフォンの1台です。
どのようにAIを役立てているのかというと、それは、AI処理によってバッテリー消費が最適化されるなど、使用者本人が設定をしないでも、より良い環境でスマートフォンを利用できるようになっています。これだけでも素晴らしいのですが、Mate 10 Proは、ライカレンズの高画質、AI機能を搭載しているため、写真撮影がドンドン楽しくなるような性能を誇ります。
AI処理については、撮影した映像を最適化する際も使用されますし、その際には、美しい画像のみ撮影できるといったサポート付きです。Mate 10 ProのAI処理は、「人工知能処理用プロセッサ搭載」によって成立しているため、他では手に入らない機能が、Mate 10 Proに凝集されているのです。
AI処理は、バッテリー容量だけでなく、メモリの最適化、アプリ動作時のメモリ使用に対しても機能します。”快適!スマホをポンと置くだけで充電できちゃうワイヤレス充電器とは?

Written by: adminスマートフォンの「Huawei GR5」

“美しく頑強なアルミニウムマグネシウム合金で紡いだクラシックデザインを採用しており、鮮やかな色彩を可能にする高性能カメラや大容量バッテリーなども搭載しているスマートフォンが「Huawei GR5」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、ゴールド、シルバー、グレーの4色が用意されており、ボディサイズは幅約76ミリ、高さ約151ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約158gです。
CPUはMSM8939オタクコアプロセッサでメモリはRAM2GB、内蔵ストレージは16GBで最大128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはF2.0の明るいレンズがついた約1300万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには撮影や電話対応などが片手でできる背面指紋認証センサーがついています。”

Written by: admin丁度良いをまとめた「Android One S5」

“Android One S5は発売日が2018年12月13日となっている、X5と同時発売されたモデルです。
Android One S5のスペックは、ミドルレンジモデルに相当するものが多く、そのため「CPUはSnapdragon 450を搭載」となっています。ですが、今でも売れ続けているスマートフォンとして人気で、その秘密は価格設定を見ると良くわかります。
一般的なスマートフォンの価格は4~6万円ほど、高いものでは7万円を超えるのですが、Android One S5の一括価格は約32000円のため、かなり安く購入できるスマートフォンなのです。ただし、キャンペーン中に一括価格で購入した人に限り、特別料金が適用となるので注意してください。
その他の特徴では、Android One S5は「F値の高いカメラを搭載、IGZO液晶ディスプレイ搭載」となっているため、他のスマートフォンに比べて性能が劣るわけではありません。しかもAndroid Oneシリーズの特徴として、「セキュリティアップデートが毎月提供される」ようになります。”