Written by: adminスマートフォンの「AQUOS CRYSTAL」

“フレームを極限まで無くしたフレームレス構造を採用しており、長時間楽しめる省電力設計や様々な便利機能などが搭載されているスマートフォンが「AQUOS CRYSTAL」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、ブラック、グレー、シルバーの4色が用意されており、ボディサイズは幅約67ミリ、高さ約131ミリ、厚さ約10ミリ、重さ約140gといった薄型軽量コンパクトサイズです。
ディスプレイは約5インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2040mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMSM8926クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1.5GB、内蔵ストレージは8GBで32GBまで増やすことができます。
このようなスマートフォンには、フラッシュライトやオートフォーカスがついた約800万画素のメインカメラと押しっぱなし連写機能などがついた約210万画素のインカメラが搭載されています。”

Written by: adminスマートフォンの「Xperia Z5 Compact」

“複数のアプリを使ってもサクサク快適に操作できる高性能CPUを搭載し、使用時間が約3日間の大容量バッテリーやバスルームでも安心して使用できる防水機能なども搭載しているスマートフォンが「Xperia Z5 Compact」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、グラファイトブラック、コーラル、イエローの4色が用意されており、ボディサイズは幅約65ミリ、高さ約127ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約138gという薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMSM8994オタクコアプロセッサでメモリはRAM3GB、内蔵ストレージは32GBです。
ディスプレイは約4.6インチIGZO液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2700mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなスマートフォンには、手ぶれ補正やオートフォーカスがついた約2300万画素のメインカメラと広角レンズがついた約510万画素のフロントカメラが搭載されています。”快適!スマホをポンと置くだけで充電できちゃうワイヤレス充電器とは?

Written by: adminスマートフォンの「ZenFone 2 Laser」

“暗がりや逆行でも綺麗に撮れる高性能カメラを搭載し、傷への耐久性に優れた大型液晶ディスプレイや迫力の大音量を実現されるデュアルスピーカーなども搭載しているスマートフォンが「ZenFone 2 Laser」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはレッド、グレー、ゴールドの3色が用意されており、ボディサイズは幅約84ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約190gです。
CPUはクアルコムのスナップドラゴンS616オタクコアプロセッサでメモリはRAM3GBで内蔵ストレージは32GBです。
ディスプレイは約6インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは安心の3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたスマートフォンのカメラは、HDR機能やレーザーオートフォーカスがついた約1300万画素のメインカメラとLEDフラッシュライトや広角レンズがついた約500万画素のインカメラが搭載されています。”

Written by: adminDIGNO(ディグノ)とは?

DIGNO(ディグノ)とは、京セラが日本国内向けに展開しているandroidスマートフォンやガラケーのブランドです。特徴としては、バッテリーの持ちを長持ちさせるために様々な機能を備えている点にあります。例えば、「省電力ナビ」という機能を搭載しています。バッテリーの長持ちモードをオンにするだけで、バッテリーのもちがおよそ10%アップするという便利な機能で、少しでも消費電力を抑えるための工夫です。「ディグノS」や「ISW11K」は、こうした機能がついているのでバッテリーを少しでも賢く使って節約したい方におすすめです。また「オート通信制御機能」が搭載されているので、一週間以上つかっていないアプリのバックグランド通信を自動で停止してくれる点もとても便利です。余計な電力を使いたくない方、必要最低限で済ませたい方にディグノのandroidスマホはおすすめです。京セラが誇るディグノのスマホを是非、検討してみてはいかがでしょうか?

Written by: adminプロのような撮影も可能「Mate 10 Pro」

“今では良く注目されることになったAIですが、Mate 10 Proは、「新世代AIスマホ」として評価されているスマートフォンの1台です。
どのようにAIを役立てているのかというと、それは、AI処理によってバッテリー消費が最適化されるなど、使用者本人が設定をしないでも、より良い環境でスマートフォンを利用できるようになっています。これだけでも素晴らしいのですが、Mate 10 Proは、ライカレンズの高画質、AI機能を搭載しているため、写真撮影がドンドン楽しくなるような性能を誇ります。
AI処理については、撮影した映像を最適化する際も使用されますし、その際には、美しい画像のみ撮影できるといったサポート付きです。Mate 10 ProのAI処理は、「人工知能処理用プロセッサ搭載」によって成立しているため、他では手に入らない機能が、Mate 10 Proに凝集されているのです。
AI処理は、バッテリー容量だけでなく、メモリの最適化、アプリ動作時のメモリ使用に対しても機能します。”快適!スマホをポンと置くだけで充電できちゃうワイヤレス充電器とは?

Written by: adminスマートフォンの「Huawei GR5」

“美しく頑強なアルミニウムマグネシウム合金で紡いだクラシックデザインを採用しており、鮮やかな色彩を可能にする高性能カメラや大容量バッテリーなども搭載しているスマートフォンが「Huawei GR5」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、ゴールド、シルバー、グレーの4色が用意されており、ボディサイズは幅約76ミリ、高さ約151ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約158gです。
CPUはMSM8939オタクコアプロセッサでメモリはRAM2GB、内蔵ストレージは16GBで最大128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはF2.0の明るいレンズがついた約1300万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには撮影や電話対応などが片手でできる背面指紋認証センサーがついています。”

Written by: admin丁度良いをまとめた「Android One S5」

“Android One S5は発売日が2018年12月13日となっている、X5と同時発売されたモデルです。
Android One S5のスペックは、ミドルレンジモデルに相当するものが多く、そのため「CPUはSnapdragon 450を搭載」となっています。ですが、今でも売れ続けているスマートフォンとして人気で、その秘密は価格設定を見ると良くわかります。
一般的なスマートフォンの価格は4~6万円ほど、高いものでは7万円を超えるのですが、Android One S5の一括価格は約32000円のため、かなり安く購入できるスマートフォンなのです。ただし、キャンペーン中に一括価格で購入した人に限り、特別料金が適用となるので注意してください。
その他の特徴では、Android One S5は「F値の高いカメラを搭載、IGZO液晶ディスプレイ搭載」となっているため、他のスマートフォンに比べて性能が劣るわけではありません。しかもAndroid Oneシリーズの特徴として、「セキュリティアップデートが毎月提供される」ようになります。”

Written by: admin激安!Bluetoothで繋がるヘッドフォン

Bluetoothのイヤフォンで音楽を聴く人も増えてきたでしょう。だけどイヤフォンよりも、ヘッドフォンの方が好きな人も多いはず。だけど高くて手が出せないから、イヤフォンで我慢してる人もいるでしょう。かと言って、安いの買うと品質が心配になる人もいると思う。今回は安くて軽くてBluetoothで繋がるヘッドフォンを紹介しようと思います。このヘッドフォンの名前は「MpowH7 Bluetoothヘッドフォン」です。3時間のフル充電で、最大15時間の再生ができ、18時間の通話ができます。しかも245gの重さしかなく、高音質をしっかりと再現してくれます。値段もまさかの3000円を切っていて、期間限定で先着100名に500円オフのクーポンまでくれます。確かにこれより高いヘッドフォンの方がなにかと良いところもあると思いますが、こだわりや高いものでないと落ち着かない人でなければ、このヘッドフォンで十分に満足できるのではないでしょうか。

Written by: admin個人情報の漏洩に注意

スマホで写真を撮ってネットにあげると反応があって嬉しいですよね。でもそのサイトは大丈夫でしょうか。今のスマホは写真を撮るだけでGPSデータなんかを一緒に取り込むと知っていましたか?有名どころの、Twitterやinstagramなんかではアップしたのと同時に、GPS情報は状況されているそうですが、全部のサイトやアプリがしているとは限りません。対処法としては、スマホの位置情報をOFFにして撮影すれば問題ありませんよ。では、街中のフリーwifiなどはどうでしょうか。全部とは言いませんが、人によってはフリーwifiを経由して何かをダウンロードしたりすると、横から他の人に情報を取られたりするそうです。ですから、できるならフリーwifiは使わないようにしましょう。そして、一番危険だと思うのはアプリのインストールです。「アクセス許可」の文字が出たら、何を許可するのかしっかり確認してから許可をしましょう。

Written by: adminスマホの初期化設定は正しくしておきましょう

スマホの初期化設定なのですがきちんとやっておきたいものですね。
もしも、しっかりと初期化できていないと、最悪の場合悪用される事だってあります。
なので、きちんとデータに関しては初期化をきちんとしておきましょう。
スマホのデータ自体は、初期化をする前に暗号化をすれば心配ありません。
暗号化しておけば、データも守れるので人の手にデータがわたることもないでしょう。
なので、初期化設定をする前には暗号化を忘れないようにしてくださいね。
そして、おサイフケータイなのですが、こちらは普通に初期化ができない所があります。
なので、ここも初期化をする必要があるのです。
データが残ってしまっている場合、もしかしたらこの電子マネーの部分も悪用される場合があります。
こちらはショップなどで消去をしてもらわないといけないみたいですね。
もしも、データが残っている場合次の人が普通に使用ができない可能性だってあるのです。
スマホでおサイフケータイを使う場合、初期化の場合は注意をするようにしてくださいね。
やっぱりお金にかかわってくるものなので、しっかりとショップの方に教えてもらうといいですよ。
初期化設定をすればそれだけという訳でもないようなので注意をしてみてください。