Written by: adminFlashAirでできること

FlashAirは、iSDIO規格に準拠した機器で、SDカードの中に、無線LAN機能とマイコンを内蔵しています。カメラやPCなど、SDカードスロットを持つ機器(SDホスト機器)は、FlashAirをSDHCメモリーカードとして認識して、データの読み書きを行います。また、iSDIOコマンドをサポートしているSDホスト機器ならば、無線LAN機能のコントロールを行うこともできるのです。FlashAirはWebサーバーを内蔵しているので、無線LAN親機(アクセスポイント, AP)として動作しているFlashAirに、無線LAN子機(ステーション, STA)として動作しているPCやスマートフォンといった無線LAN機器から接続し、HTTP (HyperText Transfer Protocol) 経由で通信することが可能です。FlashAirカードには、第1世代、第2世代(W-02)、第3世代(W-03)の3種類のバージョンがあります。第2世代以降では、SDメモリーカードがClass10に高速化されている、無線LAN通信が高速化されている、といったような違いがあります。また、第1世代はファームウェアバージョン1.00系列、第2世代は同2.00系列、第3世代は同3.00系列の対応となっています。2.00系列ではAPI仕様が大幅に拡張されました。アプリ開発者は、ファームウェアによる挙動の違いに注意して、どのバージョンでも動作するような書き方が必要となってきます。
www.samsung.com/jp/contents/guide/smartphone-softbank.html

Written by: adminauスマホなどで学割プランが続々!

今は大手携帯会社もどんどん学割プランを登場させています。
そんな中で、どこのスマホ会社にしようか悩んでいる学生さんもいると思います。
やっぱり両親が使っている会社に加入をする方が多いでしょう。
auスマホでは、「学割天国」という学割プランを登場させました。
こちらの「学割天国」は、最大月々2980円で使用ができるというものなのです。
この金額であれが学生だって利用がしやすい価格だなと思います。
ドコモやソフトバンクでも、学割プランが登場しています。
学割プランが利用できるようになれば、これから学生さんがスマホを持つ機会もかなり増えてきそうだなといった感じになりますね。
今は、子供だってどんどんラインなんかを使うようになっていきました。
そんな中でスマホは、かなりの必需品となってきそうです。
学割があることで、学生さんがスマホを持てるようになるのはいい事ですね。
3000円ぐらいならと許してくれるような親御さんも出て来そうです。
学割もどこが一番安く利用ができるプランなのかをきちんと考えていければいいのかなと感じています。
これからもっと安く使用ができるようになっていけば嬉しいですね。

Written by: admin歩きスマホのための信号『ライトライン』

スマートフォンは、今やすっかり私たちの生活の一部になりましたね。便利な反面、歩きスマホやスマホ依存などの問題もありますが、分かっていてもなかなか止められないし、スマートフォンを手放すなんて考えられません。それは日本だけでなく、世界でも同じだそう。さまざまな対策が試行錯誤で試されているそうですよ。先日もオランダの都市ボーデグラヴェンで、歩きスマホの事故をなくそうと、歩道にLEDを埋め込みんだ信号『ライトライン』が開発され、テスト運用がスタートしたとニュースで取り上げられていました。歩道に埋め込まれたLEDを「赤」や「青」に変えることで、信号の色を知らせようというアイデアです。昼間でも視認できる上に、下を向きがちな歩きスマホでも その視界に入るように設置されているのだとか。現在のところ、いくつかの学校近くの交差点で設置されています。これを開発したのは、HIG Traffic Systems。今後オランダ以外にも製品化し、提供していく予定だそうです。そのうち日本でも整備されていくかもしれませんね。本当に歩きスマホしている人が多くて、たまにぶつかってしまいますから困ったものです。もうすでにユーザーに歩きスマホを注意喚起する段階ではなく、その事故防止対策へ踏み出す時期なのでしょうね。

Written by: adminNifMoが家族のスマートフォン生活を応援するプロジェクトを開始

毎月の利用料金が安く済むからとSIMフリーや格安スマホが普及しつつありますね。中には家族揃ってMVNOに乗り換えた…なんて話も聞くようになりました。しかしそれらを取り扱う業者が増え過ぎてしまい、数あるMVNOサービスの中からどれにしようか決められずに迷ってしまう人が多いそう。そんな中、ニフティのMVNOサービス“NifMo”で、家族のスマートフォン生活を応援する『NifMo ホニャララ家応援プロジェクト』が開始しましたよ。このプロジェクトは“日本一家族にやさしいスマホ”をコンセプトに、「3万円分のホニャララ家手当プレゼント!」(抽選で合計15人に旅行券など3万円分の家族手当が当たるプレゼント企画)や「ニッポンの家族とスマホ事情調査2017」(調査結果から見えた家族&スマートフォンに関する課題を解決するサービスを提案するコンテンツ)、「NifMoファミリー劇場 SOLIDEMOの嗚呼!!家族スマホ」(男性アーティストのSOLIDEMOが家族&スマートフォンの問題を解決する動画コンテンツ)を提供するというもの。これらと同時に専門窓口「NifMoコンシェルジュ窓口」もスタート。電話でスマートフォンに関する様々な悩みを受け付け、専門スタッフがそれに応えてくれます。今後も様々な企画やコンテンツなどを拡充していく予定だそう。家族でMVNOに乗り換える際に役立ちそうですね。

Written by: adminいまペン入力が熱い? – PCやスマホ、タブレットで使えるペンの種類や違いをあらためておさらい

「Surface」シリーズ、「iPad Pro」、「YOGABOOK」や、残念な結果となりましたが「Galaxy Note 7」など、スタイラスペンに対応した端末が増えています。Windows 10でも「Anniversary Update」で、ペン入力のサポート機能「Windows Ink」を搭載し、力を入れる姿勢を見せています。しかし、いまだに「指でいいんじゃないの?」という方も多いようです。たしかにスティーブ・ジョブズ氏も、「iPhone」を発表したときのプレゼンテーションで「スタイラスはなくしそうだからやめておこう。指は皆が生まれながらに持っている世界最高のポインティングデバイスだ」という趣旨の言葉を語っていました。現在広く使われているスタイラスペンは大きく分けて、感圧式スタイラス、静電容量式スタイラス、静電発生式スタイラス、デジタイザースタイラスの4種類があります。感圧式スタイラスは、ディスプレイを押したときの圧力を検知するスタイラスペンです。「ニンテンドー3DS」で使われているのがこの方式です。静電容量式スタイラスは、手から発生する静電気を伝える仕組みのスタイラスペンです。ペン先にはシリコンゴムや導電繊維が用いられ比較的安価なのですが、静電気を伝えやすくするためにペン先にある程度の太さが必要となります。静電発生式スタイラスは、電池によりペン先に静電気を発生させるスタイラスペンで、静電容量式スタイラスよりペン先が細く作られています。デジタイザースタイラスには、電磁誘導方式、アクティブES方式、N-trig、Apple Pencilなどがあります。共通の特徴は筆圧感知機能とパームリジェクション機能を搭載していることです。また、電磁誘導方式にはバッテリーが不要という特徴があり、Galaxy Noteシリーズではスマートフォンのボディーに収まる小型サイズを実現しています。

Written by: adminスマホおすすめグッズが登場!

スマホを持っているとついつい長時間スマホでゲームをしてしまっているなんて方きっと多いのではないでしょうか。
面白いスマホアプリはたくさんあります。
最近では、「マインクラフト」なんてゲームがすごく人気だったりします。
しかし、あまり長時間ゲームを楽しんでしまっていれば、スマホ自体も熱を持つようになってしまいます。
その熱を持つようになれば、スマホの故障の原因になってしまう可能性だってあります。
そうなればやっぱり危険なものです。
そんな危険を避けるためにいい商品が登場しました。
それは、スマホのグリップ「スマクール」なのです。
こちらは、リモコンのような形になっているのですが、そこにスマホを置くことで熱を冷ます事ができるのです。
「スマクール」には、冷却ファンが付いており、なんとモバイルバッテリーにもなるのです。
こんな便利な商品が登場したなんてちょっとびっくりですね。
「スマクール」があれば長時間のゲームだったとしても安心してスマホを使用できそうです!
また、形がリモコンのようになっているので、操作もしやすそうだなといった感じですね。
もちろんゲームだけでなく、動画を楽しむ時にも活躍してくれそうです。おすすめのドコモスマホ、あなたに合うのはどれ?

Written by: admin「Pepper for Biz」が「2.0」に、法人サービスを拡大

ソフトバンクロボティクスは2016年7月20日、Pepperの法人モデル「Pepper for Biz」に向けた新サービスを同年8月より順次提供しています。安価なコンテンツ制作サービスやPepperを“デコる”デコレーション、企業広告などでキャラクターとしての利用を可能とするライセンス制度などを開始し、幅広い法人需要に応えています。Pepperで動作するアプリについては法人需要の高い「インバウンド」「接客」「ヘルスケア」「受付」に対して28種類を提供し、トーク(せりふ)やプレゼン、クーポンなどのコンテンツについてはクラウドワークスと提携して、商品説明トークで1万円といった低価格での提供を行います。デコレーションについては実際に着せる「ユニフォーム」と装飾できる「ステッカー」を販売します。ユニフォームはハッピ風やコンシェルジュ風など5種類を用意し、フルオーダーも可能となっています。ライセンス制度はPepper for Bizを2台以上導入した企業に対し、有償にて自社広告やキャンペーンへのPepper起用を許諾するものです。法人向けサポートにPepperの状態を遠隔にて把握し、異常があった場合にヘルプデスクから対処法を通知する機能が追加されます。現時点では対処法の通知にとどまっていますが、将来的には故障予測と自動復旧のサービスが提供される予定です。

Written by: admin2台同時に充電できる

サンワサプライから、2台同時にスマホの充電ができるバッテリーが発売されたそうです。容量は5000mAh、名前を「700-BTL027S」と言うそうです。

2台分一緒にと聞くと、大きなバッテリーを想像しましたが、スマホと同じ位の大きさで、薄さ8.5mm、重さも約120gと全然良い感じ^^さらに、ボディがアルミでできていてシンプルなつくり。スマホとかにあまり関心が無い人だと、スマホの背面を見ているような印象です。

「本体の充電にかかる時間は約5.5~6時間。ノベルティグッズなどに利用できるよう名入れにも対応する。」と紹介されていました。なるほど!価格が2111円(税抜)なんですよ。なので、会社のレクレーションの景品や、抽選会などにも利用すると喜ばれそうですよね。

ただ、これはあくまで私の意見なんですが、そうそう2台同時に充電することってあるんですかね^^会社に居ればデスクで充電できるでしょうし・・。ま、深く考えずに^^災害時には役立つこと間違いありませんからね!

Written by: adminソフトバンクスマホの売上が大幅にダウン

大手の携帯会社などは、今端末が売れないという事もありみんな苦戦をしています。
そんな中、ソフトバンクスマホの代理店などが実質0円を禁止された事でかなりの打撃を受けているようです。
端末もやっぱり0円サービスがなくなれば購入をしなくなっています。
今まで、端末0円を行っていた事で、たくさんの方がスマホを購入していました。
しかし、今となってはそんなスマホも購入しなくなってきています。
そういった割引がなくなれば、誰もスマホを新たに購入しようとしませんよね。
大手の携帯会社と言えば、ドコモ、au、ソフトバンクがあるのですが、売上的にはソフトバンクがかなり下がっているようです。
この実質0円というサービスでたくさんの方がソフトバンクを利用していたのかもしれませんね。
これから、総務省の監視がある所もあり、大きなサービスはできなくなっています。
なので、これからどのようにソフトバンクが売上のために、どんなサービスを始めていくのかが楽しみですね。
ソフトバンクでは、最近無料クーポンの配布をするようになりました。
このサービスの影響も結構あったりするのではないのかなと思いますね。
これから変化はしていくのでしょうか、、、、www.samsung.com/jp

Written by: adminドコモのおすすめスマホ「Xperia Z5 Compact SO-02H」

人気のスマートフォンにドコモの「Xperia Z5 Compact SO-02H」というスマートフォンがあります。
このドコモのおすすめスマホはソニーモバイルコミュニケーションズから販売されていて、ボディサイズは縦約127ミリ、幅約65ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さが約138gになっています。
バッテリー容量は2700mAhもありますので実使用時間が約85.6時間になります。
また、急速充電に対応していますので、急いで充電したいときに便利だと思います。
ディスプレイサイズは約4.6インチとやや大きめサイズとなっていますので見やすいでしょう。
カメラは約2300万画素のアウトカメラと約510万画素のインカメラが搭載されています。
オートフォーカスや手ぶれ補正機能が搭載されていますので、どなたでも綺麗に撮影することができるでしょう。
それに、ワンセグが搭載されていますので良い暇つぶしができますし、ハイレゾ対応ですので高音質で音楽を楽しむことができますね。
ボディカラーはホワイト、グラファイトブラック、コーラル、イエローの4色が用意されています。
フロントガラスはしっとりとした質感になっていますし、一体感があるフレームはすごく美しいと思います。
こうしたドコモのおすすめスマホは防水機能が搭載されていますのでバスルームでも安心して使用できて良いと思います。