r 5G対応スマホの「vivo iQOO Z1」とは? « phone booth

“4Gスマホでのデータ通信では動画視聴が途中でストップしてイライラすることもありますし、ダウンロードやストリーミングが遅くて嫌になってしまうこともあります。
しかし、5Gに対応しているスマートフォンなら安定した高速通信で快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo iQOO Z1」という5Gスマホがあり、薄暗いところでも見やすい高精細大型ディスプレイやいつでもどこでも残量を気にせず楽しめる大容量バッテリー、快適に楽しめる高性能CPUや誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBが約34000円でRAM8GB/128GBが約38000円でRAM8GB/256GBが約43000円です。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約194gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはパープル、スカイブルー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応して解像度2408×1080でアスペクト比20:9の約6.57インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは44Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 1000 Plus 2.6GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(iQOO UI)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで冷却システムやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Leave a Reply