つながる車開発でトヨタと提携 LINE、AI活用し音声でスマホ操作

無料対話アプリのLINE(ライン)は15日の事業説明会で、インターネットに接続してさまざまなサービスを提供する「コネクテッドカー(つながる車)」の開発でトヨタ自動車と提携すると発表しました。LINEの人工知能(AI)技術「クローバ」を活用し、運転中などに声でスマートフォンを操作できる環境整備をトヨタと共同で進めます。LINEのアプリを通して、マイナンバーの個人向けサイト「マイナポータル」を案内する政府との連携の合意も正式発表したのです。説明会でLINEの出沢剛社長はAIに注力する方針を強調していました。トヨタとの協業では、利用者の音声を認識し、会話しながら情報提供などを行うクローバと、トヨタが推進する車載機器とアプリとの連携規格「SDL」を組み合わせ、来年にも新サービスの提供を始めたい考えです。クローバについては、同技術を搭載したスマートスピーカー「ウェーブ」も初披露しました。ウェーブはお薦めの音楽を再生したり、天気予報やニュースなどを伝えています。まず音楽関連の機能に絞った先行版を1万円(税別)で今夏に投入、今秋には正式版を1万5000円(同)で発売します。また、LINEとマイナポータルとの連携について、説明会に登壇した高市早苗総務相は、「行政窓口を身近なものにする第一歩だ」と話していました。

Leave a Reply