歩きスマホのための信号『ライトライン』

スマートフォンは、今やすっかり私たちの生活の一部になりましたね。便利な反面、歩きスマホやスマホ依存などの問題もありますが、分かっていてもなかなか止められないし、スマートフォンを手放すなんて考えられません。それは日本だけでなく、世界でも同じだそう。さまざまな対策が試行錯誤で試されているそうですよ。先日もオランダの都市ボーデグラヴェンで、歩きスマホの事故をなくそうと、歩道にLEDを埋め込みんだ信号『ライトライン』が開発され、テスト運用がスタートしたとニュースで取り上げられていました。歩道に埋め込まれたLEDを「赤」や「青」に変えることで、信号の色を知らせようというアイデアです。昼間でも視認できる上に、下を向きがちな歩きスマホでも その視界に入るように設置されているのだとか。現在のところ、いくつかの学校近くの交差点で設置されています。これを開発したのは、HIG Traffic Systems。今後オランダ以外にも製品化し、提供していく予定だそうです。そのうち日本でも整備されていくかもしれませんね。本当に歩きスマホしている人が多くて、たまにぶつかってしまいますから困ったものです。もうすでにユーザーに歩きスマホを注意喚起する段階ではなく、その事故防止対策へ踏み出す時期なのでしょうね。

Leave a Reply