“今現在も5Gを使えるエリアが徐々に増えていますので、これと同じように5Gスマートフォンを使う人も少しずつですが増えています。
その5Gに対応しているスマートフォンには低価格のものから高価格のものまで様々な機種がありますが、その中の一つに「China Telecom Tianyi One」という5Gスマホがあり、綺麗な写真が簡単に撮れる高性能カメラやどのような角度からでも見やすい高精細大型ディスプレイ、残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約16000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約205gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブラックのみとなっています。
ディスプレイは解像度1600×720でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5100mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応していますのでゲームや動画なども快適に楽しむことができます。
CPUはUNISOC T7510 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは64GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約1300万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、オートHDR、手振れ補正、AIライブシャッター、AIライブストーリー、フォーカス再生、ナイトモード、ポートレートモード、超広角モード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 9 Pieで背面指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

“第5世代通信システムの5Gは今までスマートフォンで使用してきた4Gよりも優れています。
4Gよりも5Gが優れているのは通信速度や同時接続数、低遅延通信といったことになります。
その5Gに対応しているスマートフォンは2020年になってから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Nokia 8 V 5G UW」という5Gスマホがあり、動きの激しい動画やゲームなどでも滑らかに映し出す高精細大型ディスプレイや長時間駆動でも安心して使用できる大容量バッテリー、どんな瞬間でも思い通りの写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約74000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約78ミリ、高さ約171ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約226gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグレーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはGorilla Glassを採用して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.8インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 765G SM7250 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは64GBモデルと128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約2400万画素のインカメラが搭載されています。
また、オートHDR、手振れ補正、AIライブシャッター、AIライブストーリー、フォーカス再生、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10指紋認証センサーや顔認証センサーがあり、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

“5Gスマホの通信速度は今現在よりも向上していくと考えられますので大容量の動画でもさらに安定配信すると多いますし、基地局が徐々に増えていますので通信の混雑を回避して安定しあ通信を行うことができるでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くのメーカーから発売されていますが、その中の一つに「ASUS ZenFone 7 Pro」という5Gスマホがあり、最新の5G通信に対応した高性能CPUや思い通りに写真が撮れる高性能カメラ、旅行でも安心して使用できる大容量バッテリーや迫力ある映像で楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで価格は約10万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約9.6ミリ、重さ約235gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはパステルホワイトとオーロラブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応してGorilla Glass6を採用した解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 865+ SM8250-AB 3.1GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはソニー製センサーIMX686を採用してF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1200万画素+望遠レンズがついた約800万画素のトリプルアウトカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、スーパーナイトモード、スローモーション撮影、HDR、パノラマモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(ASUS ZenUI 7)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

“5Gでは膨大なデータを素早くダウンロードできたりタイムラグを感じなかったりしますので、今現在の主流である4Gスマホから5Gスマホに変える人も増えてきています。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機種が多くの機器メーカーから発売されていますが、その中の一つに「Galaxy A51 5G SCG07」という5Gスマホがあり、明るい場所でも見やすい高精細大型ディスプレイや高性能トリプルカメラ、ストレスなく楽しめる高性能CPUや長時間の外出でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さ約189gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはプリズム・ブリックス・ホワイトとプリズム・ブリックス・ブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは15Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値2.0の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約1200万画素+マクロ撮影ができる約500万画素+深度レンズがついた約500万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、スローモーション撮影、レーザーオートフォーカス、電子式手ぶれ補正、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、ポートレートモード、光学式手ぶれ補正などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(One UI 2.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水(IPX5/IPX8)防塵(IP6X)がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

“日常生活に革新的な変化をもたらしている5Gスマホですが、2020年の春ごろから日本国内でも本格的に発売されています。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも数多くの機種が発売されていて、その中の一つに「LG VELVET 5G UW」という5Gスマホがあり、ミリ波対応で3Dアークデザインを採用したミッドハイクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約74000円というお手頃価格になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約167ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約180gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオーロラレッド、オーロラグレー、ピンクホワイトの3色が用意されています。
CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
ディスプレイは解像度2460×1080でアスペクト比20.5:9の約6.8インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーはワイヤレス充電や25Wの急速充電に対応している4300mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応していますので3Dゲームなどでも快適に楽しむことができると思います。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影が可能な約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値1.9の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、ポートレート撮影、電子式手ぶれ補正、光学式手ぶれ補正、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、ハイブリッドズーム、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Q-OS)でディスプレイ指紋認証センサーやイヤホンジャックがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IP68)・耐衝撃(MIL-STD 810G準拠)やステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”参照

“高速大容量通信が可能な5Gは動画やアプリなどでも一瞬でダウンロードすることができます。
ですので、ダウンロードやストリーミングでイライラしていた4Gスマホから快適に使える5Gスマホに買い替える人が増えています。
そうした4Gスマホから5Gスマホに買い替えている人の中にはauの「OPPO Find X2 Pro」というスマートフォンを使用する人もいます。
その5Gに対応しているスマートフォンは高精細大型ディスプレイや安心の大容量バッテリー、綺麗な写真が簡単に撮れる高性能カメラやサクサク動く高性能CPUなどを搭載して価格は約143000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さ約205gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはヴィーガンレザーオレンジとセラミックブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度1440 x 3168px(2K+,WQHD+)でアスペクト比20:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65wの急速充電に対応している4260mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはスナップドラゴン865オタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは512GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約4800万画素+望遠レンズがついた約1300万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはソニー製のIMX689センサーが搭載されており、電子式手ぶれ補正、光学ズーム、光学式手ぶれ補正、デュアルトーンLEDフラッシュ、ウルトラナイトモード、ビューティーAI、HDR、4K動画撮影、パノラマモード、10倍ハイブリッドズームなどの機能がついています。
このような5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(ColorOS 7.1)で防水機能やディスプレイ内指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

“スマートフォンの普及と高性能化によっていつでもどこでもスマートフォンが快適に楽しめるようになりました。
それに加えて高速大容量通信や超低遅延などの特徴がある5Gも始まったことによって、更にスマートフォンをストレスなく楽しめるようになります。
この5Gを利用して楽しむためには5Gに対応しているスマートフォンが必要となります。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国外でも数多く発表されていますが、その中の一つに「vivo iQOO Z1」という5Gスマホがあり、高性能トリプルカメラや高精細大型液晶ディスプレイなどを搭載しているハイスペック5Gスマホです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約195gという操作しやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはギャラクシーシルバーとスペースブルーの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度1080 x 2408px(フルHD+)でアスペクト比20:9の約6.57インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは44Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、リフレッシュレートが144Hzになっていますのでゲームも快適に楽しむことができると思います。
CPUはMediatek Mediatek Dimensity 1000+オタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあります。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホー式を採用しており、手ぶれ補正、オートフォーカス、HDR、光学ズーム、パノラマモードなどの機能がついています。
この他にはOSはAndroid10で防水機能やイヤホンジャックがついており、ハイレゾ音源対応で指紋認証センサーがついてデュアルSIMデュアルスタンバイになっています。
このような5Gに対応しているスマートフォンはハイスペックと言える5Gスマホなのに約34000円という低価格になっています。”

“4Gスマホから5Gスマホに変えることによって通信速度が速くなりますので、5G対応スマホを使用する人の生活が変わることもありますし、同時多接続や低遅延なども可能になりますので様々なシーンで活躍してくれます。
とにかく多くの分野に大きな影響を与える5Gですが、この5Gに対応しているスマートフォンは数多く発売されています。
その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「Galaxy A51 5G」という5Gスマホがあり、本体背面にはプリズム加工が施されていますので美しさを感じることができると思います。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約185gという薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはプリズムキューブホワイト、プリズムキューブピンク、プリズムキューブブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはCorning Gorilla Glass 3とパンチホール式を採用して解像度1080×2400で指紋認証センサーがついた、約6.7インチSuper AMOLED Plus Infinity-Oディスプレイを搭載しており、バッテリーは15Wの急速充電とワイヤレス充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはF値2.0の明るいレンズがついた約4800万画素+F値2.2深度レンズがついた約500万画素+F値2.2超広角レンズがついた約1200万画素+F値2.4マクロレンズがついた約500万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、カメラ機能にはパノラマモード、HDR、LEDフラッシュライト、ビューティーモード、手ぶれ補正、オートフォーカスなどもついています。
CPUはExynos 980オタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでMicroSDカードによって最大1TBまで拡張可能することができます。
この他にはOSはAndroid10でイヤホンジャックや画面内指紋認証センサーがついています。
このような5Gスマートフォンは2020年の夏ごろに約54000円という低価格で販売されますので4Gスマホから5Gスマホに変える人は試してみるのもいいと思います。”詳しくはこちら

“目に優しいブルーライトカットモードや誰でも片手で操作しやすい3D湾曲デザインを採用し、スピーディーに充電できる大容量バッテリーやどこでも見やすい高精細大型液晶ディスプレイなども搭載しているAndroidスマートフォンが「P30 lite Premium」です。
このAndroidスマートフォンにはピーコックブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約73ミリ、高さ約153ミリ、厚さ約7.5ミリ、重さ約159gです。
CPUはHUAWEI Kirin 710オタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは128GBで最大256GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約6.1インチフルHD液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーは3340mAhです。
こうしたAndroidスマートフォンには約2400万画素のアウトカメラと約2400万画素のインカメラが搭載されています。”

“指先でロック解除できるディスプレイ指紋認証センサーや何層にもコーティングされた背面パネルを採用し、雨の中でも安心の防水・防塵機能やデュアルレンズがついた高性能カメラなども搭載しているAndroidスマートフォンが「OPPO Reno A」です。
このAndroidスマートフォンにはブルーとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約75ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約7.8ミリ、重さ約169gです。
CPUはSDM710オタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは64GBで最大256GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約6.4インチIPS液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーは3600mAhです。
このようなAndroidスマートフォンには約1600万画素+約200万画素のデュアルアウトカメラとLEDフラッシュライトがついた約2500万画素のインカメラが搭載されています。”