スマホが熱くなる原因はバッテリーの発熱によるもの

スマホは高機能で小さくまとまっているのですが、そのためにバッテリーにはかなりの負荷が掛かっています。バッテリーの発熱を放置しておくと、バッテリー自体の劣化を助長するだけでなく故障の原因にもなります。バッテリーの発熱の原因としては。負荷の高いゲームアプリを使っていることが原因となることが多いです。普通のアプリはそうでもないですが、負荷の高いゲームアプリで発熱が起こる場合が多々あるのです。負荷の高いゲームは処理をたくさんしないといけません。もし、あまりにもスマホが熱くなってきたらゲームの使用を一旦やめて発熱を防ぎましょう。ゲームも何もしていないのにスマホが勝手に熱くなっているという場合もあるでしょう。それはアプリをバックグラウンドで立ち上げ過ぎていることが原因です。スマホではアプリを閉じて終わらせたと思っていてもそのほとんどは終わってなくてバックグラウンドで動いているのです。何もしないアプリもありますが、常にネットを監視しているアプリもあります。その数が多いと当然、スマホに負荷が掛かってしまって発熱の原因を引き起こしてしまうのです。もし、バックグラウンドで立ち上げているアプリが多い場合はアプリを完全に終了させますし、面倒でしたら再起動が手っ取り早いです

Leave a Reply